大学受験過去問研究所

センター試験2015本試験『夢の通ひ路物語』問題(単語・敬語)

   

解答はこちらセンター試験2015本試験『夢の通ひ路物語』問題(単語・敬語)の解答

かたみに恋しう思し添ふことさまざまなれど、夢ならで通ひぬべき身ならねば、現の頼め絶えぬる心憂さのみ思しつづけ、大空をのみうち眺めつつ、もの心細く思しわたりけり。男の御心には、まして恨めしう、あぢきなき嘆きに添へて、御子の御気配もいとつつましう、鏡の影もをさをさ覚ゆれば、いよいよ「あきらめてしがな」と思しわたれど、ありしやうに語らひ人さへ聞こえねば、「人わろく、今さらかかづらひ、をこなるものに思ひまどはれむか」と心置かれて、清さだにだにも御心とけてものたまはず、いとどしき御物思ひをぞし給ひける。

 

こなたにも御心に絶えず思し嘆けど、何かは漏らし給はむ。御宿直などうちしきり、おのづから御前がちにて、御こころざしのになきさまになりまさるも、よに心憂く、恐ろしう、人知れず悩ましう思して、いささか御局に下り給へり。人少なう、しめやかにながめ給へる夕暮れに、右近、御側に参りて、御かしらなど参るついで、かの御事をほのかに聞こえ奉る

 

「この程見奉りしに、御方々思しわづらふもむべに侍り。げに痩せ痩せとならせ給ひ、こよなく御色のさ青に見奉り候ひぬ。清さだも、久しううちおこたり侍りしを、いかに思しとぢめけむと、日頃いぶかしう、恐ろしう思ひ給へられしに、なほ忍びはて給はぬにや、昨日文おこせし中に、かかるものなむ侍りける。『まことに、うち悩み給ふこと、日数へて言ふ甲斐なく、見奉るも心苦しう。東宮のいとかなしうまつはさせ給へば、とけても籠らせ給はぬを、この頃こそ、えうちつづきても参り給はで、ひとへに悩みまさらせ給へ』と侍りし」

とて、御消息取う出たれど、なかなか心憂く、そら恐ろしきに、「いかで、かくは言ふにかあらむ」とて、泣き給ひぬ。

 

「こたびは、とぢめにも侍らむ。御覧ぜざらむは、罪深きことにこそ思ほさめ」とて、うち泣きて、「昔ながらの御ありさまならましかば、かくひき違ひ、いづこにも苦しき御心の添ふべきや」と、忍びても聞こゆれば、いとど恥づかしう、げに悲しくて、振り捨てやらで御覧ず。

 

さりともと  頼めし甲斐も  なきあとに  世のつねならぬ  ながめだにせよ   

                                            

雲居のよそに見奉り、さるものの音調べし夕べより、心地も乱れ、悩ましう思ひ給へしに、ほどなく魂の憂き身を捨てて、君があたり迷ひ出でなば、結びとめ給へかし。惜しけくあらぬ命も、まだ絶えはてねば」など、あはれに、つねよりはいとど見所ありて書きすさみ給ふを御覧ずるに、来し方行く先みなかきくれて、御袖いたう濡らし給ふ。

 

うち臥し給へるを、見奉るもいとほしう、「いかなりし世の御契りにや」と、思ひ嘆くめり。「人目なき程に、あはれ、御返しを」と聞こゆれば、御心も慌しくて、

 

「思はずも  隔てしほどを  嘆きては  もろともにこそ  消えもはてなめ

 

遅るべうは」とばかり、書かせ給ひても、え引き結び給はで、深く思し惑ひて泣き入り給ふ。「かやうにこと少なく、節なきものから、いとどあはれにもいとほしうも御覧ぜむ」と、方々思ひやるにも、悲しう見奉りぬ。

 

 

問題1.①かたみに、②頼め、③あぢきなき、④つつましう、⑤あきらめ、⑦人わろく、⑧をこなる、⑩いとどしき、⑪になき、⑬ながめ、⑯むべに、㉑忍び、㉒おこせ、㉓かなしう、㉖消息、㉗なかなか、㉘いとど、㉙さりとも、㉚頼め、㉝来し方、㉞行く先、㉟いとほしう、㊱もろともに、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題2.⑥聞こえ、⑫給へ、⑭奉る、⑮奉り、⑰侍り、⑱給ひ、⑲候ひ、⑳給へ、㉔給は、㉕給へ、㉛給へ、㉜給へ、㊲給ひ、の敬語の種類(尊敬・謙譲・丁寧のどれか)と誰から誰に対する敬意かを答えなさい。

【解答例;㊿参る:謙譲語・作者→女君】(謙譲語であり、作者から女君へ敬意が払われているということ)

 

 

 

 解答はこちらセンター試験2015本試験『夢の通ひ路物語』問題(単語・敬語)の解答

 

センター試験《古文》2015本試験『夢の通ひ路物語』まとめ

 - 未分類